適応障害がもたらす問題│原因と治療策を知ろう

確実な治療を実施しております

-Contens-

発症しやすさ

医者

適応障害という病には、複雑な原因がいくつも重なり合っています。しかし、発症しやすい人には一つの傾向があるのではないかと考えられています。また適応障害になりやすいという人がいます。

ストレスへの対処法

女医

適応障害の原因のひとつとして、強いストレスに対処できなくなってしまうことが挙げられます。適応障害を予防するためにできる方法として、ストレスへの対処や思考の切り替えなどがあります。

日常生活で予防

すっきりした女性

ストレスが原因で発症すると言われている適応障害。その為、ストレスを貯めこまなければ発症しない可能性は高くなっていきます。日常生活の中でストレスを溜めない生活を送る必要があります。

ストレスが原因

悩む男性

2つの面に現れる症状

ある物事に対する人の捉え方は様々ですが、中にはその物事に遭遇して不安が強くなったり、憂鬱な気持ちにつらくなってストレスを抱えたりする人がいます。ストレスとは、周りの環境や生活感が大きく変化したことによってプレッシャーを感じ、体に負担が掛かる時に受ける感覚のことです。どの程度ストレスを抱えるかは個人差がありますが、このストレスが段々大きくなると日常生活や社会生活に支障を来し、その結果、適応障害を発症してしまうことがあります。ちなみに、適応障害を発症すると情緒面と行動面それぞれに症状が現れます。情緒面の場合、通常よりも神経が鋭くなったり、必要以上に心配したり、小さなことですぐ涙を流してしまうという特徴があります。また、疲労感などが著しく大きくなると、周囲の環境にうまくなじむことが出来なくなってしまうことがあるようです。また行動面の場合は、物に八つ当たりをしたり、荒っぽい運転をしたり、喧嘩腰で相手に接するという特徴があります。また、自覚を持っていながら嘘をつく癖を止めることが出来なくなり、それが原因で周囲の人達に迷惑を掛けるという事態に発展してしまう場合もあります。これらの症状はストレスの原因が判明しているので、そのストレスを解消すれば症状を治すことが出来ます。でも、中にはなかなかストレスが解消されず症状が慢性化してしまう方もいます。

悪化する

世界保健機構が公表した診断ガイドラインで見ると、適応障害は社会的機能を大きく悪化させていると定められています。また、症状が起きるのはストレスを抱えてから1ヶ月以内で、ストレスを解消すれば6ヶ月以上症状が続くことはありませんが、慢性によってストレスが長引けば、症状も長引いてしまう場合があります。

掛かる人の数

ヨーロッパで調査された結果を見ると、適応障害に掛かる人の確率は人口の1%となり、日本の場合、末期がんを患った人の中で適応障害に掛かる人が16.3%いるそうです。しかも、一度は適応障害と診断を受けても、5年後には鬱病として診断を受ける人が40%以上いるとも言われています。適応障害は回復に向けて早めの診断を受けることが重要となっているので、もし他の病気を患っていても、診断の基準を満たしているほど重症であれば、こちらの診断が最優先されます。