適応障害がもたらす問題│原因と治療策を知ろう

日常生活で予防

すっきりした女性

気分転換の時間を取る

ストレスが原因で、周囲と上手く馴染めなくなる適応障害はストレスを取り除くことで症状が改善されることがあります。別の考え方をするとストレスを溜め込まなければ、適応障害にかかりにくいということになりますので、日常生活の中で出来るストレス発散方法を試すといいでしょう。まず、心がけて欲しいのが、気分転換を図る機会を取るということです。行ったことがない土地に行ってみたり、森林浴をしてみたりなど日常とは違った空間に足を運ぶことで、気分転換が出来る事があります。他にも趣味に没頭する時間を設けたり、音楽を聞いたり、など自分が好きなことをする時間を作るのもおすすめです。特に音楽には、リラックス効果があると言われているので心身をリラックスさせるには丁度いいかもしれません。そして、質の良い睡眠を取るようにしましょう。快眠はストレスの発散と予防に繋がりますので、睡眠前には過度な食事や飲酒は控えて下さい。また、温めのお風呂に入って身体をリラックスさせてから睡眠に入るのもおすすめです。他にも適度な運動を行った後の睡眠は質が高くなりやすいと言われています。

原因を取り除く

ストレスを発散させる事も大切ですが、ストレスの原因になる物を取り除くことも大切です。例えば、気になることはメモを取り忘れてしまうなどの方法があります。気になることがずっと頭に残っている心がモヤモヤして穏やかな状態を保つことは出来ません。また、仕事をされている方は、仕事のON・OFFをしっかり付けておきましょう。家に帰っても仕事している。仕事のことを考えているという方は、仕事の事を忘れる時間を作ってみるといいでしょう。普段から、よく一人で悩み込んでしまうという方は、誰かに相談する癖を付けましょう。悩みを自分で抱えたままだとストレスが溜まり適応障害が発症する原因となってしまいます。誰かに相談するのが恥ずかしいという方は、ペットなどに相談するという方法もあります。ペットには人間の心を癒す力があると言われていますので、相談しながら一緒に遊んであげるという方法も有効です。

心を鍛える

ストレスに負けない心を作ることで、適応障害を予防するという方法もあります。心を鍛える為にお薦めなのがメンタルトレーニングです。メタルトレーニングは自分の向き合う所から始まります。そこから見つけた、自分のネガティブな感情や思考をポジティブな考えに変換していくことで、強い心を作っていくことが出来ます。それに加えて、自分が成功しているイメージを何度も思い浮かべてみましょう。また、自己啓発本やビジネス書等を読むのもおすすめです。このようなノウハウ本には、ストレスを軽減するコツが書いてあったり、自分がプラス思考になるコツが書いてあったりするので心を強くするヒントになるでしょう。メンタルトレーニングは1日2日で効果があるものではありませんので、無理をしないで自分のペースで進めて下さい。無理をしてしまうと逆にストレスを貯めてしまうことになります。

自分と向き合う時間

適応障害の原因となるストレスで一番怖いのが、自分が感じていないストレスの存在です。本人はストレスを感じていなくても、心には過度のストレスが掛かっていることもあります。特に環境変化が起こりやすい、お祝い事があった時や引越しをした時などには自分と向き合いストレスを感じていないか確認してみましょう。また現在は治療も専門のクリニックで行うことが可能になっているので、そこでカウンセリングや薬物療法などを受けながら経過をみていきましょう。まれに症状が悪化してうつ病を発症してしまうこともあるので、早めの治療が求められます。